コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

アルプス物流グループは、当社の親会社であるアルプスアルパイン(株)における物流事業セグメントの基幹会社と位置付けられています。

アルプスアルパイングループでは、コーポレート・ガバナンスを「企業価値を増大するため、経営層に対して適正かつ効率的な意思決定と業務執行、ならびにステークホルダーに対する迅速な結果報告を動機付け、健全かつ効率的で透明性のある経営を実現する仕組みの構築・運用」と定義しています。そして、株主を始め、全てのステークホルダーの利益最大化が重要と考え、企業価値の最大化を図り、かつステークホルダー間の利益をバランス良く満たし、その利益を直接・間接的に還元することを基本としています。

なお当社は、株主、顧客、地域社会ならびに従業員等のステークホルダーに対する責任を果たすとともに、企業として実効性あるコーポレート・ガバナンスを実現するために「株式会社アルプス物流コーポレート・ガバナンス・ポリシー」を制定し、当社ホームページにて公開しています。

コーポレート・ガバナンス組織体制

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンス・ポリシー